なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「豚とろラーメン¥840+黒豚とろ餃子¥450+替玉¥100」@鹿児島ラーメン豚とろ 天文館本店の写真元祖 指宿ラーメン二代目で鹿児島で初ラーした翌日、天気が回復したので前日行けなかった本土最南端の佐多岬へ。
太平洋と東シナ海,錦江湾と三方を海に囲まれた絶景に圧倒された後、宿泊地の桜島へ向かいます。
翌日鹿児島市内の天文館を散策中連れにランチをどうするか聞いてみると、ラー食したいとの意外な返答が。
るるぶを見てココに興味を持ったみたいなので、要望通りに初訪問します。

11時15分頃到着すると、先客は3名。
中に入るとサインがたくさん飾られていて、大人気ぶりがうかがえますねェ〜
奥のテーブルに陣取り、お店イチオシのとろラーメンを注文。
合わせて、黒豚とろ餃子もオーダーします。

10分弱で、着丼。
写真を撮って、いただきマース!

スープは、豚骨と鶏ガラがベース。
そこに、魚介エキスを効かせているとのことです。
レンゲで啜るとど濃厚ながらしつこさはさほど感じられず、さすが鹿児島で1,2を争うだけありますね(*^^)v

麺は中太のストレートで、量は130gくらい。
スープと同じく、博多系や熊本系とはだいぶ違いますね。
プリッとした食感で、スープとの相性も上々♪

具は白ゴマ,刻みネギ,揚げネギ,キクラゲにチャーシュー。
特筆すべきは、やはり豚トロのチャーですね。
希少部位の余計な背脂を丁寧に取り除き、秘伝のタレに漬け独自の火入れ法で12時間炊き上げているとのこと。
口に含むとすぐになくなるほどの柔らかさで、とってもウマ〜イ!

固形物完食後、替玉をカタめで追加。
博多系に近い極細で、違った味わいを楽しめました。

なおサイドで頼んだ黒豚とろ餃子は、独自のタレと黒コショウで味付け。
皮がプルンとしており餡もタップリで、注文して正解でした(^^)

カツオ節風味に続き、鹿児島豚骨も満喫することが出来ました。
付き合ってくれた連れにも、感謝しなければ♥

まだまだ、続く…

投稿 | コメント (16) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば (650円)」@はしにし家の写真自家製麺中華そば

数少ない醤油メイン店。
11時15分入店で先客4名後客6名。
掲題とチャーシュウご飯 (250円) をお願いしました。

独特の醤油で仄かな酸味と気になるエグ味。
動物系の旨味は鶏が前面に出てしっかり。
後味には香味野菜系の風味も覗く。
鹿児島醤油使用でかなり甘めとの事前情報もそこまで甘さは気にならない。
石臼挽き小麦粉使用との自家製多加水縮れ麺。
もっちりとした食感に滑らかな喉越しは良いのだが。
ツンと鼻に抜ける刺激臭がかなりキツイ。
麺を啜る度にそれは感じられスープのエグ味は麺由来かも。
分厚いバラチャーシューは肉感抜群旨味存分。
ガッシリ喰らいつく醍醐味。
メンマはしっかり甘い味付け。
他、ゆで玉子半個にネギ。
チャーシュウご飯は甘辛フワリとしたサイコロチャーシューがたっぷり。
刻み海苔にメンマも入りサイドメニューとして十分。
些か残念な気持ちもありつつ満腹完食です。

旨かったんですが。
スープ、具材、サイドメニューどれも満足。
ただどうしても麺から放たれる香りがキツく…
自家製ということもあり偶々だったと思いたいですね。
限定メニューなどもありまた伺います。

ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン (600円)」@ラーメン処 のぼりの写真ラーメン&寿司

隣の寿司店と同列経営。
10時35分入店で先客後客なし。
掲題並にぎり5個セット (+300円) をオーダー。
14時以降は+400円との案内。
女将さんのワンオペ。
まず勝手口からお隣へ寿司発注へ向かわれる。
戻られてラーメン工程に入り届けられた寿司と同時に提供。

極アッサリ広がる生姜の風味。
鹿児島ラーメンらしい組み立ても動物系は大変優しい。
二口ほどで全体をよく混ぜ馴染ませる。
元ダレが広がり揚げネギ効果もあって全体バランスが整う。
それでも味わい、塩分ともにライト。
濃口に慣れた舌には物足りなさも感じるがどこか新鮮。
プリッとしたスクウェアなストレート麺。
鹿児島ではやや細めの中細〜中クラス。
茹で加減若干軟めが丁度いい。
小ぶりで四角いクラシカルなバラチャーシュー。
キクラゲ、キャベツ、もやし、浅葱。
胡椒を一振りするとピリッと締まりとても好みに。
ラーメンと並び立つ主役のにぎり寿司。
当然本格的でネタはマグロ、鯛、イカ、海老、玉子。
確実にお値段以上の価値に間違いなく、頼まない手はなし。
不思議と相性良くどちらの味も邪魔しない。
もしかするとそのバランス狙いだろうか。
無論満足感たっぷり完食。

旨かったです。
優しい味付けは単品でなくセットありきでしょうか。
ただ間違いなくセットは必須。
ライスセット、いなり寿司セットもありますが…
次も並にぎりだな。

ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン 小 (750円)」@麺や 久二郎の写真鹿児島J系久二郎

評判をよく聞くこちらに。
18時40分入店で先客5名後客5名。
掲題好みを用紙に記入してお渡し。
ヤサイ・アブラ増し、ニンニク・トウガラシ有でお願いしました。

非乳化豚骨醤油。
豚骨は大人しく甘味の強い醤油が先行。
トロトロ背脂の甘味が更に加わる。
口当たりはサラリとして優しさが目立つ。
ただニンニクを溶かせば期待通り効果覿面。
マシマシ可能であれば尚良いかも。
何より唐辛子が甘味緩和に抜群の効果を発揮し思わず追加。
野菜の盛りは個人的にはマシで十分。
キャベツ割合が高くて嬉しい。
ガシワシとした歯応え強い太縮れ麺。
出足は粉っぽさがあり固すぎな印象も野菜をやっつけている間にムッチリ感が現れる。
計算だろうがとても好い。
麺量250gとの案内も体感はもう少し多い気がする。
それから豚の柔らかいこと。
言いすぎかもしれないがフワフワ。
味付けは強くなく素材そのものを味わえる。
次第に麺は旨くなり、スープ・具材も一体感が増す。
食べ進めるにつれてより高まる完成度。
魚粉、カレー粉、酢等々、味変アイテム多数あるが結果使用したのは唐辛子のみ。
久々のガッツリに満足完食。

旨かったです。
大きく掲げられたインスパイア系の看板。
鹿児島らしさもあり人気なはずですね。
次回は『始めました』との汁なしに。

ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン/日本橋三越」@くろいわ 本店の写真東京の日本橋三越で開催の鹿児島物産展への出店ブースでの
一杯ですが、看板を背負っているので本店のページに投稿さ
せてもらいました。
スープは豚骨と鶏ガラを煮出した塩豚骨スープで、細もやし
と刻み葱、角煮の薄切りのような煮豚、焼葱チップという盛
り付け。よくかき混ぜてから食します。麺は加水率高めの麺
で、もちもちだけどかなりやわめ。スープはきちんと豚骨の
風味は感じさせつつも、強く主張はしないもの。かといって
物足りなさはまるでなく、結構コクの余韻が後を引くもので
とてもおいしい。葱と細もやしは香りや繊維質がかなり立っ
ているけれども、スープの余韻が長いのであまり邪魔にもならず、食感を楽しめるし、風味に変化をつ
けてくれる。煮豚はスープで温めるととろとろになってとても美味しい。麺は個人的にあまりにもやわ
すぎて、もっと麺としての主張がほしかった。けれども、全体的にとてもよくまとまった豚骨ラーメン
で、その味わいがあっさりしているようでとても深いところが美味しかった。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「超勝武士ラーメン¥850」@元祖 指宿ラーメン二代目の写真すずきラーメンで大分に続く宮崎での初ラー後、さらに南下。
御崎馬が草を食む都井岬の晩餐で伊勢海老を中心とした海産物を満喫し、翌日鹿児島へ。
本州最南端の佐多岬からフェリーで指宿温泉へ渡る予定でしたが、春の嵐で欠航のため、急遽陸路経由に変更。
この旅行中唯一素泊にしたので、ホテルにチェックイン後鹿児島県での初ラーへ向かいます。
目指したのは、るるぶにも掲載されているコチラ。
彼の方が投稿されたレビューに興味を惹かれ、追随することにします。

19時20分頃到着すると、先客は7名。
奥のテーブルに陣取り、超勝武士ラーメンを注文。
ラーメンの気分ではない連れは、チャーハンを選択します。

別提供の削り機で本枯節を削り終える頃に、着丼。
写真を撮って、いただきマース!

スープは、鶏ガラと野菜が中心の清湯醤油系。
余分な脂を取り除いているだけあって、さっぱりとしたヘルシー系に仕上がっています。
自分で削った本枯節の風味が際立ち、とってもまいう〜

麺は中細のストレートで、量は140gくらいかな?
加水はやや少なめで、プツンとした食感。
小麦の風味が程よく漂い、スープの旨味もしっかりと吸い込んでいます♪

具は削り節の他にモヤシ,ワカメ,木耳にチャーシュー。
いずれも、これといった特徴はありません。
かえって鰹の存在感を強調されているので、店主さんの狙い通りなんでしょうね(^^)
もちろんスープの一滴まで飲み干したことは、いうまでもありません。

地元山川の職人が熟練の伝統製法で半年かけ一本一本丁寧に作り上げた本枯節は、噂通りの素晴らしさでした。
もし行かれる機会があれば、自分で削れる超勝武士を体験してみて下さいナ(^_-)-☆

さらに、続く…

投稿(更新) | コメント (19) | このお店へのレビュー: 1件

「ぱしゃ麺豚骨醤油」@麺's ら・ぱしゃ 霧島空港口店の写真値段:普通
量:普通
麺:低加水細麺、茹で加減良好
スープ:濃度良、出汁感良、旨い
具:白メシに合う

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「薩摩スペシャル」@薩摩思無邪 鹿児島中央駅西口店の写真値段:高め
量:普通
麺:低加水細ストレート麺、茹で加減良好
スープ:豚骨、個人的に熊本に近いと思う
具:チャーシュー旨、白メシに合う

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「桑山らーめん (ランチ600円) ゆで卵 (100円)」@麺屋 桑山の写真ランチサービス良好

地元の方オススメのこちらに。
12時05分入店で先客5名後客4名。
掲題ごはん小セット (+100円) でお願いしました。
通常750円なのでランチサービスはやはりお得。

もしやマー油かと思いきやたっぷり黒ゴマ。
すりゴマにラードがやや厚めに張る。
豚骨・鶏ガラベースは大人しく想像以上にライト。
メニューには『醤油味』と掲示だが醤油感は皆無に等しい。
揚げネギを馴染ますと一気に香ばしさが加わりゴマに隠れていたガーリックも徐々に顔を出す。
圧倒的に最初から全体を混ぜるべきバランスのよう。
ツルモチ軟らかい多加水ストレート中細麺。
茹で加減普通でお願いしたがカタ指定される方が多いのも納得。
鹿児島ラーメンとしては細め。
厚めでジューシーなバラチャーシュー。
ゆで卵は仕上がり正にその通り。
定番細もやしとネギ。
ごはんとの相性は悪くないが漬物がないのはどこか寂しく。
一味唐辛子を軽く振って完食です。

旨かったです。
ゴマ満載はなかなかのサプライズでしたが。
ランチサービスは良いですね。
味噌が人気のようでまたの機会に。

ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
90

まさに鹿児島ラーメンの正統後継者。鶏ガラとんこつ、焦がし玉ねぎ、モヤシ、ネギと鹿児島ラーメンを構成するすべての付け合せ。
古くからやっているが、代替りしてからさらに味が良くなったと思う。
飲み屋街から少し離れるため足を伸ばすのが億劫なときもあるが、自分へのご褒美と思えば。
夜の2時くらいでも満席のこともあり、ファンの多さが計り知れる。
深みのある鶏ガラとんこつスープ。昔ながらのチャーシュー。飾り気はなにもない。だがそれが良い。
昭和のまま時が止まったような店内。疲れた心を癒やしてくれる、釜ばぁの味。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件